交通事故に遭ったら損害賠償や慰謝料について誰に相談すればいい?

交通事故に遭い誰に相談すればいいのか分からず、不安になってしまう方は多いと思います。 この記事では交通事故に遭ったとき、示談額を提示されて判断に迷ったときに相談ができるところを紹介します。

弁護士

弁護士に相談する場合には、先に相談用ダイヤルに電話をかけて相談する時間を予約します。 交通事故を主要分野としている弁護士は、事故にあってから賠償されるまでの流れを熟知しています。 依頼すれば保険会社との交渉や準備を代行してくれますし、被害者が有利になるように進めてくれます。 特に後遺障害認定を受けている場合には、弁護士が交渉することで賠償額が大幅に増額する可能性があるため、弁護士に依頼することをお勧めします。 また、弁護士費用特約に加入している場合には、費用を気にせず依頼することができます。

日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは無料で弁護士に電話や対面で相談することができます。 また、相談だけでなく相手の保険会社との示談あっせんもしてもらえます。 保険会社の言うことが本当に正しいのかについても、専門家の意見を電話相談で聞くことができます。 電話相談では1回10分程度と時間が制限されているため、相談内容が多い場合には対面相談の方がお勧めです。 事前に連絡することで予約できる場合もありますので、一度問い合わせてみましょう。

そんぽADRセンター

そんぽADRセンターは、一般社団法人日本損害保険協会によって設置されたADRで、専門の相談員が損害保険が関係する交通事故に関する相談を無料で受けてくれます。 交通事故の示談交渉で保険会社の人が信用できないと感じたときなどに相談することで、その保険会社の主張の当否を確認することができます。 そんぽADRセンターは全国に10か所あり、近くにある場合は直接出向いて相談することができますし、近くにない場合には文書による相談も可能です。 また、予約をすれば相談員に主張してもらうことができます。

交通事故紛争処理センター

交通事故紛争処理センターは、示談交渉の際に裁判所のように解決策を考えてくれる機関です。 こちらも無料で利用できます。 示談交渉が決裂してしまったり上手く進まなくなってしまった時に、和解あっせんという手続きをしてもらい、お互いが合意をすることで和解が成立し紛争を終わらせる事ができます。 しかし、交通事故紛争処理センターはあくまで中立の立場の為、被害者にとって好条件での和解成立ができるとは限りません。

政府保障事業による給付

この制度は加害者が不明の場合や加害者が自賠責保険に加入していなかったような場合に、自賠責保険に似た給付が行われる制度です。 損害保険会社が窓口になってくれますので、ご請求の際には損害保険会社の窓口に相談しましょう。

まとめ

交通事故に遭ってしまった際に無料で相談できる機関はとても多いです。 事故にあってしまった際には、まずは相談してみることをお勧めします。